キット・ハウスの費用はどれくらい?

キット・ハウスとは?@

キット・ハウスというのは、
文字通り、キットになっている住宅のことを言います。

 

具体的には、設計図に従って、
加工を施された部材を組み立てるだけの住宅です。

 

うちの近所でもよく見かけますが、
住宅を建て始めたなと思ったら、
あっという間に出来上がっていたなんて家がありませんか?

キット・ハウスとは?A

そのような住宅は、
たいていこのキット・ハウスだったりするんですよね。

 

キット・ハウスの大きさは、
子供部屋や書斎に使える3畳程度のものから、
家族が住むことのできるタイプまで色々とあるんですよね。

 

外観も、ヨーロピアンスタイルから
ログハウスなど多種多様です。

 

また、既製の住宅プランの中から、
気に入ったものを選択するものや、
部屋単位のキットを組み合わせるものなど、
様々なバリエーションが豊富です。

 

キット・ハウスは、もともとは
アメリカで始まった建て方なんですよね。

 

なので、輸入の場合が多いのですが、
代理店のサポートがあるものがほとんどなので、
それほど心配になる必要はないかと思います。

 

もちろん、代理店によっては、
工法の勉強会があったり、
困ったときのサポート体制が用意されていることもありますから、
良い代理店を選ぶというのがポイントかもしれません。

 

さらに、どうしてもという場合に
プロの業者を紹介してくれるなど、サービス内容も色々ですから、
十分に調べてから申し込むようにしたいですね。

 

もちろん、輸入のみでなく、
国産材を使用したキット・ハウスも増加しているんですよ。

 

昨今の林業は、非常に厳しい環境にあると
よくニュースで言われたりしていますよね。

 

このような衰退しつつある日本の林業の活性化を
キット・ハウスで、という木材業者も出てきていますので、
今後の動向に注目したいですね。

 

★ログハウス
・丸太づくりの家のことです。
・最近は市街地でも見かけるようになっています。

 

スポンサーリンク

キット・ハウスの費用はいくらくらいなの?

キット・ハウスはあくまでも組み立て住宅なんだから、
その費用は、通常の住宅よりは安いのでは
と思うのではないでしょうか?

 

実際のところは、
どういったものを建てるのかによっても違ってくるので
一概には言えないのですよね。

 

でも、一般的には、本体工事費は
ハウスメーカーで住宅を建てるよりも20%程度安くなる
と言われているので、お得感はあるかもしれませんね。

 

ただし、前述したように、
途中で専門業者に依頼したり、
プロに現地指導してもらいながら、という場合ですと、
その人件費や作業費がかかってきますので要注意です。

 

職人や技術者の人件費は、
建築費用の中で最も高額な費用と言われていますからね。

 

現実問題として、プロに現地指導してもらう場合ですと、
日当として3万円/日程度
といったところが妥当なのではないでしょうか?

 

とはいえ、特に工事期間に期限がないのであれば、
自分で納得のいくようにゆっくり着実につくっていけばよいわけですよね。

 

それでしたらかなりの経費を削減できると思いますよ。

 

まして、自分と家族でつくる住宅、
となれば、お金に換算できない実りがあるはずですし。

 

ただし、建て替えなどによって
住宅を建てている間は賃貸住宅に仮住まい、
という場合は、

 

反対に、工期が長引くほど経費がかかってしまうかもしれませんので、
これに関しては注意が必要ですね。

 

その工期ですが、工法や規模によっても違ってくるのですよね。

 

なので、家族4人が住むログハウスでしたら、
サラリーマンの夫婦が週1日の作業で半年、
木造軸組工法の場合でしたら、
1か月に二人で10日前後作業をして2〜3か月で完成、
というのが一つの目安になるかと思います。

ドームハウス、トレーラーハウスとは?

ドームハウスというのは、屋根がドーム型の住宅でして、
これもキットハウスの一つなんですよね。

 

これは基本的には、円筒形の本体(居住部分)に、
三角形のパネルをつなぎ合わせて半円形の屋根をつくるものなんです。

 

ちなみに、この屋根の作り方は、イタリアのブルネレスキが、
フィレンツェ大聖堂の屋根を作るときに考案したものです。

 

このドームハウスですが、次のような特徴があるのですよね。

 

■狭い敷地に建てられること
■家の中が個室で仕切られていないので、家族の一体感が強くなること...など

 

また、法的には動産に該当するので
「家」というカテゴリーには属さないのですが、
トレーラーハウスに暮らす、という人もいます。

 

土地さえあれば、
トレーラーハウスをそこに置いて暮らせますし、
移動も自由ですから、

 

気ままに暮らしたいという人には
持って来いの住宅になるのかもしれませんね。

 

★ドームハウス
・ドーム状の屋根を持った住宅のことです。
・柱が必要ないので開放的です。

 

★ブルネレスキ
・15世紀イタリアの建築家です。

 

★トレーラーハウス
・車輪のついた簡易住居のことです。
・米国では、トレーラーで牽引して移動しながら暮らす人が増えています。

 

スポンサーリンク