住宅は素人でも建てられるの?

戸建て住宅に住むなら可能性が広がる?@

一般的であり、
かつ典型的な家族の変遷を考えてみましょう。

 

例えば、若い夫婦二人の暮らしから、
子供が生まれて成長する、

 

そしていつか子供が独立して家を離れ、
残された夫婦は年老いていく、
というものなどは、その典型と言えそうですよね。

戸建て住宅に住むなら可能性が広がる?A

つまり、こうした過程で、
家族のライフスタイルは何度も変わっていくわけです。

 

子供が赤ん坊の頃、学校に上がってから、
思春期、青年期と、
親子のかかわり方はどんどん変わっていきますよね。

 

それによって、子供が占有するスペースは、
場所も範囲もめまぐるしく変化していくわけです。

 

そんな中で、
家族がお互いを思いやる心を育んでいけるように、
家の模様替えや内装のリフォームをするのですよね。

 

さらに、間取りの変更や増改築をしながら、
家も家族も一緒に子育てをしていくわけです。

 

もちろん、子供のいない
いわゆるディンクスという夫婦もありますが…。

 

ただそうであっても、
ディンクスであれ、子供が独立してからの夫婦であれ、
肉体的にも、社会的にも、
年齢に伴って様々な変化が生じていきますよね。

 

つまり、家との付き合い方も変わってくるわけです。

 

そのような家族の変化を見守り、
リフォームなどを通じて
家族の状態に適した家を演出できる可能性を考えますと、

 

やっぱり、マンションよりは、戸建て住宅の方が、
圧倒的に大きいと言えると思うのです。

 

なので、せっかく戸建て住宅に住むのであれば、
あらゆる可能性を活かしたいですよね。

 

そのためには、家族が快適に暮らすための努力を惜しまず、
家と家族がともに育っていけるようにしたいですね。

 

スポンサーリンク

住宅は素人でも建てられるの?

通常、住宅を自分で建てるということ自体、
ほとんど人が考えたことがないのではないかと思います。

 

一般的に住宅といったら、
業者が建てるものとの思い込みがありますからね。

 

でも実際には素人でもできるんですよ。
当然のことながら、根気と勇気は必要ですが…。

 

家族や仲間と一緒に、もちろん一人でも、
勉強する熱意があれば、家を建てることは十分に可能なんです。

 

ちなみに、手軽に建てられる輸入や国産のキットハウスには、
豊富なバリエーションがありますしね。

 

さて、法律的にはどうなのかが気になるところですが、
平均的な木造二階建ての住宅でしたら、
素人が建てても違法ではないんですよね。

 

実際に、家族や仲間と家を建てる人は結構いるんですよ。

 

現代は、ライフスタイルも価値観も多様化していますから、
当然と言えば当然と言えるのかもしれませんね。

 

しかも、注文住宅のみでなく、自由設計の建築条件付き売地や、
セミ・オーダーのマンション、コーポラティブハウスなど、
設計の自由度が高い住居の人気が高まっているそうですよ。

 

どれも、自分の思い描いている理想に近い住宅が実現できる、
というのが最大の理由なのでしょうね。

 

しかしながら、自由設計と言っても限度もあるわけです。

 

業者に依頼すれば、住宅を早く形にできるわけですが、
依頼した業者の持っているバリエーションに限定されますからね。

 

また、自分と相性が良く、
その人が得意とする建て方に共感できる建築士を探すことができれば、
理想に大きく近づくことができますが、

 

そこに至るまでには
たくさんの時間と労力が必要になりますからね。

 

よって、自分の建てたい住宅のイメージがはっきりしているのであれば、
自分で建てる、というのも選択肢の一つといえそうです。

 

大切なのは、イメージが細部まで明確であることでしょうかね。

 

建てている途中で、「えーと、ここはどうしたいのだっけ?」
というのでは、どんな住宅になってしまうのか、
その先が不安になってしまいますからね。

 

建築士法では、
木造の建物で延べ床面積が、およそ30坪(100u)以下であれば、
建築士の免許を持っていない素人であっても、
設計できると規定されているんですよ。

 

とはいえ、もちろん勉強は必要になります。

 

ただし、強い熱意と家族の協力体制、
皆の根気があれば、不可能ということはないわけです。

 

そうはいっても、
「やってみたいけれど、すべてをやるのは負担が大きすぎる…」
という人もいるかもしれませんね。

 

そのような人は、施工業者を決める際に、
「自分が住む住宅なので、自分でできることはやりたい」
という意志を伝えてみてはいかがでしょうか。

 

そして、それを理解してくれる業者に依頼するとよいと思います。

 

その際には、どの工程なら参加できるかを相談してみましょう。

 

例えば、内装材に珪藻土を使用する場合、
下地材は業者に塗ってもらって、

 

珪藻土の上塗りの段階で、
家族も参加して一緒にやるなどして、
階段や玄関の壁面に家族皆の手形を残した、
というケースもありますからね。

 

たったそれだけでも、気分的にはかなり違いますから。

 

★珪藻土
・珪藻類の遺骸が堆積してできた白色または灰白色の土のことです。
・シックハウスの心配もなく、冬暖かく夏冷たいです。

 

スポンサーリンク