フラット35「保障型」と借換え/フラット35の契約時の必要書類...

フラット35「保障型」と借換えとは?@

フラット35には、
「保障型」というタイプもあるんですよね。

 

これは、住宅金融支援機構に
住宅ローン債権を売却せずに、

 

民間金融機関等が、独自に証券化するという点で、
フラット35「買取型」とは根本的に違うわけです。

フラット35「保障型」と借換えとは?A

そうはいっても、
民間住宅ローンと同じですから、
フラット35「保障型」
借換えにも利用することができるんですよ。

 

民間住宅ローンの場合ですと、
基本的には変動金利型がメインですよね。

 

なので、借換え時点では効果があると思っても、
将来金利が上昇した場合には、
借換えしない方がよかったということもよくあるわけです。

 

しかし、フラット35「保障型」の場合でしたら、
将来的な金利の上昇リスクを心配することはありません。

 

これは、借換えをした時点で、
借換えによる利息軽減効果が確定することになるからですね。

 

スポンサーリンク

フラット35「保障型」の特徴は?

フラット35「保障型」というのは、
民間金融機関独自の証券化が
しやすくなっているんですよね。

 

そいったこともあって、民間住宅ローンに
極めて近いと言われているわけです。

 

それと、住宅金融支援機構が
MBS(ローン債権を証券化した債券)
の元利金の支払いを保証し、

 

仮に返済が滞った場合には、
住宅金融支援機構が民間金融機関等に
保険金の支払をするということもありますね。

 

つまり、住宅金融支援機構は
あくまでも保証等を行うのみになっているわけです。

 

こうしたことが背景にあるから、
民間金融機関等が商品性についての
独自色を出しやすくなっているのですね。

 

スポンサーリンク

フラット35の契約時の必要書類について

住宅ローンの契約というのは、
必ず金融機関に本人が出向いて行うものだ
というのは当然と言えば当然なのですが、
これは大丈夫ですよね?

 

また、この住宅ローンの正式な契約というのは、
一般的には、
入居の1か月ほど前に行われるんですよね。

 

そして、フラット35の契約の際には、
次のような書類が必要になりますから、
しっかりと準備をしておきたいですね。

 

■家族全員分の住民票など
■金融機関で入手した団体信用生命保険の申込書や告知書
■印鑑証明書
■金融機関で入手した金銭消費貸借契約書
※印紙税がかかります。
■フラット35の適合証明書

フラット35の適合証明書とは?

フラット35の適合証明書
というものがあるのをご存知でしたか?

 

これは、一般的には、
住宅ローンの承認が下りた後、
契約前までに提出するものなんですよね。

 

このフラット35の適合証明書は、
建設や購入する住宅が
独立行政法人・住宅金融支援機構の技術基準に
適合していることを証明したものなんです。

 

通常、この検査機関については、
物件の仲介や建築を請け負った不動産業者が
紹介してくれて、手続きも行ってくれますので、
それほど心配しなくて大丈夫です。

 

スポンサーリンク