用途地域/優先劣後構造/起業者とは?

用途地域とはどのような地域のことですか?@

用途地域というのは、都市に立地する
多種多様な用途の建築物の混在を防ぐことによって、

 

近隣の公害を防除するとともに、
それぞれの地域に立地する建築物の機能を
十分に発揮させ、

 

各地域に予定された土地利用の内容に従った
公共施設の計画的整備を可能にする制度のことをいいます。

用途地域とはどのような地域のことですか?A

つまり、
都市の土地利用計画の1つとして、
地域地区制度の中核をなすものです。

現行の用途地域は?

次の12種類があります。

 

■第1種低層住居専用地域 
■第2種低層住居専用地域
■第1種中高層住居専用地域 
■第2種中高層住居専用地域
■第1種住居地域 
■第2種住居地域
■準居住地域 
■近隣商業地域 
■商業地域
■準工業地域 
■工業地域 
■工業専用地域

 

なお、各用途地域内では、
それぞれの目的に応じて、建築基準法の規定により、
建築物の用途規制と形態規制が行われます。

 

スポンサーリンク

優先劣後構造とはどのような構造のことですか?

優先劣後構造というのは、
不動産証券化商品の信用を補完する方法のことです。

 

具体的には、証券化商品を優先部分と劣後部分に分け、
優先部分を保有する投資家は、
劣後部分を保有する投資家よりも
優先的に配当等を受け取る権利を持つ仕組みのことをいいます。

 

つまり、予測どおりに収益が生じなかった場合のリスクを
劣後部分が吸収して、
優先部分への配当等の確実性を高めるわけです。

優先劣後構造のリターンは?

結果としては、優先部分は
劣後部分に比べてリターンは低くなりますが、
安定性が高く、劣後部分はハイリスク・ハイリターンとなります。

起業者とは?

起業者というのは、
土地収用法で規定されている収用関係用語です。

 

起業者は、土地収用法等により、
土地を収用または使用することを必要とする
公共の利益になる事業の施行者のことをいいます。

 

スポンサーリンク