延納が認められる税金/仮処分/開発権の移転...

延納とは?

延納というのは、
租税の納税方法の1つで、一定の要件のもとに
納税の期限を延長する制度です。

 

原則として、
租税は、金銭で一時に納付しますが、

 

延納とは、納付時期の調整、納税資金調達の円滑化等から、
納期限までに、一時に納付することが困難な事情がある場合に、
その納期限を延長することをいいます。

延納が認められる税金は?

延納が認められる税金は、
所得税、相続税、贈与税です。

 

なお、利子税は、
その国税にあわせて納付しなければなりません。

仮処分とは?

仮処分というのは、
債権者が債務を保全するための手段のことです。

 

仮処分は、例えば、
自動車等の特定物の引渡しを求めて争っている場合などに、
債務者に一定の行為を命じたり、
または禁止を命じたりする手続きのことです。

 

このように、仮処分は、
将来訴訟で勝訴して強制執行しようとしても、
給付の実現が著しく困難になるおそれがある場合に、
現状保全を目的として行われます。

 

仮処分の係争物の保全は、
次のような目的で申し立てられます。

 

■日照権阻害その他違法建築の工事差止
■不動産賃貸契約に違反した増改築の禁止やその収去
■所有権の帰属に争いのある不動産についての譲渡等の処分の禁止...など

 

スポンサーリンク

開発権の移転とは?

開発権の移転というのは、
アメリカの都市開発手法の1つで、
移転可能な開発権(TDR)の権利の譲受人が
開発の権利を、他の場所の開発に利用することをいいます。

アメリカの開発権の移転とは?

アメリカの開発権の移転は、
空中権は、譲渡・賃貸される権利として、
公示された一定の空間を開発する権利となっています。

 

権利者は、その権利を
公示された一定空間以外の場所における開発に
振り向けることはできませんが、

 

移転可能な開発権では、
権利の譲受人は、
開発の権利を他の場所の開発に利用できます。

 

スポンサーリンク