都市計画法上の遊休土地/オリジネーターとは?

都市計画法上の遊休土地とは?

都市計画法においては、
遊休土地転換利用促進地区が都市計画に定められた場合、

 

市町村長は同地区内の土地について、
前述の国土法の規定による通知に係る土地を除いて、

 

1000u以上の一段の土地で、
取得後2年を経過してなお未利用であり、
計画的な土地利用の増進を図るため、

 

有効適切な利用を特に促進する必要がある場合、
遊休土地である旨の通知をするものとされています。

遊休土地の通知を受けた場合は?

都市計画法においても、
遊休土地の通知を受けた場合には、
国土法と同じ定めがあります。

遊休土地とはどのような土地のことですか?

遊休土地というのは、
国土法の許可や届出をして取得した土地について、
次のようなものについて
都道府県知事が認めたものをいいます。

 

■一定の面積以上の土地で
■取得後2年を経過してなお未利用であり
■周辺地域の計画的な土地利用を図るため有効適切な利用を特に促進する必要があるもの

遊休土地の通知を受けたら?

遊休土地の通知を受けた者は、
6週間以内に利用
または処分の計画を届けなければなりません。

 

また、都道府県知事は、
必要な助言勧告を行い、勧告に従わないときには、
地方公共団体等と
買取りの協議を行わせることとされています。

 

スポンサーリンク

「山」とは?

ひと山当てるといった大きな事業の場合にも
「山」という用語が使われますが、

 

この「山」がはずれることが多い
でたらめな話を持ちかける人のことを指して、
詐欺師と同様の意味で用いられることもあります。

山師とはどのような人のことですか?

山師というのは、
根も葉もないことを言いふらす人のことです。

 

本来は、山の立木の売買や、鉱脈の探索、
採掘を業とする人のことを指す用語です。

オリジネーターとは?

オリジネーターというのは、
特定目的会社の関連用語で、
原資産所有者のことをいいます。

 

不動産の証券化の場合には、
オリジネーターは、
最初に不動産を提供する人のことをいいます。

 

なお、オリジネーターは、資産を流動化した後も、
一定の信用補完や、匿名組合として
資産の賃借と転貸等での役割があります。

 

スポンサーリンク