印紙税の納税方法/みなし譲渡所得...

印紙税とは?@

印紙税というのは、
流通税の1つで、

 

印紙税法に規定されている
課税文書の作成者に対して
課税される税金のことをいいます。

印紙税とは?A

印紙税は、不動産の譲渡、
借地権の設定等の契約書を作成した場合など、

 

印紙税法別表第一の
課税物件表に掲げる文書(課税文書)
に課税されます。

印紙税の納税方法は?

印紙税法上の課税文書の作成者は、
原則として文書1通ごとに、
税額に相当する収入印紙を貼って、
これに印鑑等で消印して納税します。

みなし譲渡(消費税)とはどのようなものですか?

みなし譲渡というのは、
課税の公平の立場から
課税対象とするための方策のことです。

 

具体的には、消費税では、
無償の取引は課税の対象とされていませんが、

 

個人事業者が
棚卸資産や棚卸資産以外の資産で
事業の用に供していたものを、

 

家事のために消費・使用したり、
法人が資産をその役員に対して贈与した場合には、
これらを、対価を得て行う
資産の譲渡とみなすことをいいます。

 

なお、上記の場合は、
そのときにおける資産の価額に相当する金額を、
課税標準として課税の対象とします。

 

スポンサーリンク

みなし譲渡所得とはどのようなものですか?

みなし譲渡所得というのは、
課税の公平を図るため
課税対象に取り込む方策のことです。

 

具体的には、無償譲渡等により
不当に租税を回避しようとする場合に、
公平を期するために相当な対価で
資産の譲渡があったものとして課税することをいいます。

時価による譲渡とみなされる場合は?

時価による譲渡とみなされるのは、
次のような場合です。

 

■法人に対する譲渡、遺贈および時価の2分の1未満で行われた譲渡
■限定承認に係る相続および個人に対する包括遺贈

 

これらは、被相続人と贈与者の
キャピタルゲインに対して課税するものです。

 

ちなみに、
土地の長期賃貸による権利金等が、

 

その土地の価格の2分の1を超える場合や、
資産が消滅すること等により
補償金等を受け取った場合も、
譲渡所得として課税されます。

 

スポンサーリンク